世田谷・調布に隣接する狛江のフリースクールは学習も重視しています。

2019/11/30

いよいよ明日から12月(師走)ですね。中学生はそろそろ仮内申も出て、最後の学校説明会をどこに行こうか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
特に、不登校だった生徒さんにとっては「高校通えるかな?」「普通科に行ってみたいけど、友達出来るかな?」「定時制をかんがえているけれど、大学にも進学したいし、将来は大丈夫だろうか?」「通信制を考えているけれど、しっかりと予定通りにレポートを提出できるだろうか?」といった悩みをお持ちではないでしょうか。

この悩みは、ご本人のみならず、ご家庭の方も心の奥底でくすぶっている火種でもあるのではないでしょうか。

定時制高校も通信制高校も、これから学校生活について説明会が始まるところもあれば、随時、説明会を行っているところもあります。定時制高校・通信制高校の一部は、フリースクールと提携し、高校卒業を目指すところもあります。フリースクールは「フリースクール」という通り、学習より、「外出目的で利用し、勉学は自主性に任せる」といったところが多いです。また、通学制の定時制高校・通信制高校も自主性を重んじるばかりで、サポートが上手く届かず、卒業まで3年ではなく、4年かかる生徒も多くいるのが現状です。

瑞祥学園にお問い合わせいただく中身として、「学習面はどうされていますか」との質問が多くあります。もちろん学年によって、内容は変わりますし、個々の特性に応じて変わるので、一概になんとも言えませんが、大きく言えることは「学習面にも間違いなく力を注いでいる」ということです。

学習時間の中で、周囲の空気感を読み、疲労度・集中度などを読みながら、時にはカウンセリング、時にはみんなで時間を決めて雑談、早い時間に登校してくれば、みんなでキャッチボールやサッカーなどして身体を動かしてから学習に取り組んだりしています。1日最低2時間以上の学習を行い、時には、小テストも行っております。

また、瑞祥学園では提携している八洲学園国際高等学校の制度を利用し、通常レポートの提出以外に、外国高校の卒業資格を同時に取得できるように支援したり、将来の夢が固まっていない生徒さんには、様々な民間資格講座を同時に受講していただくことで、将来への展望を開けるようにフォローしています。

#狛江 #世田谷 #調布 #フリースクール #塾 #家庭塾 #中学 #高校 #小学